« February 2010 | Main | April 2010 »

March 07, 2010

新聞やテレビは暴走したことないの

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
ネットで医師暴走、医療被害者に暴言・中傷

読売新聞
 医療事故の被害者や支援者への個人攻撃、品位のない中傷、カルテの無断転載など、インターネット上で発信する医師たちの“暴走”が目立ち、遺族が精神的な二次被害を受ける例も相次いでいる。

 状況を憂慮した日本医師会(日医)の生命倫理懇談会(座長、高久史麿・日本医学会会長)は2月、こうしたネット上の加害行為を「専門職として不適切だ」と、強く戒める報告書をまとめた。

 ネット上の攻撃的発言は数年前から激しくなった。

 2006年に奈良県の妊婦が19病院に転院を断られた末、搬送先で死亡した問題では、カルテの内容が医師専用掲示板に勝手に書き込まれ、医師らの公開ブログにも転載された。警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した。同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた。

 同じ年に産婦人科医が逮捕された福島県立大野病院の出産事故(無罪確定)では、遺族の自宅を調べるよう呼びかける書き込みや、「2人目はだめだと言われていたのに産んだ」と亡くなった妊婦を非難する言葉が掲示板やブログに出た。

 この事故について冷静な検証を求める発言をした金沢大医学部の講師は、2ちゃんねる掲示板で「日本の全(すべ)ての医師の敵。日本中の医師からリンチを浴びながら生きて行くだろう。命を大事にしろよ」と脅迫され、医師専用掲示板では「こういう万年講師が掃きだめにいる」と書かれた。

 割りばしがのどに刺さって男児が死亡した事故では、診察した東京・杏林大病院の医師の無罪が08年に確定した後、「医療崩壊を招いた死神ファミリー」「被害者面して医師を恐喝、ついでに責任転嫁しようと騒いだ」などと両親を非難する書き込みが相次いだ。

 ほかにも、遺族らを「モンスター」「自称被害者のクレーマー」などと呼んだり、「責任をなすりつけた上で病院から金をせしめたいのかな」などと、おとしめる投稿は今も多い。

 誰でも書けるネット上の百科事典「ウィキペディア」では、市民団体の活動が、医療崩壊の原因の一つとして記述されている。

 奈良の遺族は「『産科医療を崩壊させた』という中傷も相次ぎ、深く傷ついた」、割りばし事故の母親は「発言することが恐ろしくなった」という。

 ◆日医警告「信頼損なう」◆

 日医の懇談会は「高度情報化社会における生命倫理」の報告書で、ネット上の言動について「特に医療被害者、家族、医療機関の内部告発者、政策に携わる公務員、報道記者などへの個人攻撃は、医師の社会的信頼を損なう」と強調した。

 匿名の掲示板でも、違法性があれば投稿者の情報は開示され、刑事・民事の責任を問われる、と安易な書き込みに注意を喚起。「専門職である医師は実名での情報発信が望ましい」とし、医師専用の掲示板は原則実名の運営に改めるべきだとした。ウィキペディアの記事の一方的書き換えも「荒らし」の一種だと断じ、公人でない個人の記事を作るのも慎むべきだとした。

 報告の内容は、日医が定めた「医師の職業倫理指針」に盛り込まれる可能性もある。その場合、違反すると再教育の対象になりうる。


-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

割り箸,大野,大淀と三連敗したら,医師憎しのルサンチマンマスゴミはあせるだろうけど,なにこれ。


>警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した

>同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた


この二人が本当に医師だったので,その後に登場する匿名の書き込みもすべて間違いなく医師の仕業と印象操作できる。なかなかうまい手口。しかし匿名とは職業不詳ということでもある。「名前はわからないが医師には違いない」と断言できないはず。医師を嫌っている人間が,医師を貶めるためにわざと悪態をついている可能性もある。医師専用掲示板に医師以外が自由に出入りしているのは周知の事実。だからこそ飲み屋での愚痴レベルが外に漏れ出た。

しかしまあ,「2ちゃんねる掲示板ではこんなひどいことが書かれていた」なんて恥ずかしいことを堂々と書くマスゴミ・・・。語るに落ちたとはこのことか。

「名前はわからないが管理人は医師に違いない」というブログは数多く存在する。(ここと違って)知性とウイットにあふれる文体で医療の問題点を独自の視点で考察,医師にしか書けないエピソードを披露し,医師特有の悩みを打ち明け,トンデモ判決に対して医師なら誰もが抱くであろう感情を吐露する。その生業に疑問を挟む余地などない。そしてその多くは(ここと違って)専門的知識に基づき,理路整然とした文章でマスゴミの無知・非道・自家撞着ぶりを指摘する。マスゴミが恐れているのは2チャンネルのようなトイレの落書きでないのは明らか。やつらは,医師であることがほぼ確実な有名どころのブロガー達を警戒している。煙たい邪魔な存在。今風に言えばウザイ。で,(ここと違って)汚い言葉を使わず理詰めで責めてくるブロガーの発言を抑えたい。抑えられないまでも,情弱な一般市民に「医師がネット上で発言する内容は信用できない」と刷り込みたい。ちがうか?

医学部は理系だが,「国語が不得意なので理系の医学部を選んだ」という医師は私の周りには少ない。文章を書くのが好きな人間だからこそブログを書いているのだろうが,医師ブロガーには(私と違って)筆の立つ者が多い。三流記者が「医者なんて理系だから気の利いた文章なんか書けない」と高をくくっていたら,思わぬ反撃食らってあわてているようにも見える。

| | Comments (26) | TrackBack (2)

March 06, 2010

法廷の誰に向かっての付言?

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却

 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中に意識を失った高崎実香さん(当時32)が19病院から転送を拒否された末に脳内出血で死亡したことをめぐり、夫の晋輔さん(27)=奈良県五條市=ら遺族が町と当時の担当医師(62)に慰謝料など約8800万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁の大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は1日、遺族の「診断を誤り、すぐに処置しなかったのが原因」とする訴えを棄却する判決を言い渡した。

 ただ判決は、付言で「もっと早く搬送されれば助かったのではという気持ちは十二分に理解できる」と指摘。そのうえで、日本の救急医療について患者が何時間も待たされる事態があることを挙げ、「救急医療とは名ばかり。命を守ることは国や地方公共団体に課された最も基本的な義務だ」と述べ、救急体制整備に異例の言及をした。

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


被告側がビタ一文払わなくていいという判決で担当医師は少しは救われるか?
とんでもない。当時のマスコミからのバッシング,裁判に費やされる時間・労力,すり減る神経などなど。
失ったものは大きく,リカバリーは不可能。

一回きりの人生,しかも子供の頃から遊びはほどほどで一生懸命勉強して医学部に進み,医師になってからもヤブ医者にはなるまいと努力し,大事にしてきた人生。その人生において大きな損失を被りたくなければどうすれば良いか。変な女にちょっかい出さない,怪しげな新興宗教に染まらない,もうけ話に手を出さない,酒を飲み過ぎない・・・。いろいろあるけど,やはり「通常業務において,結果が悪ければこちらに落ち度が無くても訴えられるような診療科は避ける」のが一番。

この判決が出た日の『コードブルー ドクターへり』では若い救急医が「患者相手にするの怖いよ」と嘆くシーンがあり,「若いとはいえ,今頃気付くなよ」とテレビに突っ込んでしまった。しかしかえってリアルだ。そういうタイプの人が行くところだから。 

しかし,法廷で「救急医療とは名ばかり。命を守ることは国や地方公共団体に課された最も基本的な義務だ」なんて言って,政治家や官僚に声が届くのか?

| | Comments (1030) | TrackBack (3)

« February 2010 | Main | April 2010 »