« 否定されるか無視されるか | Main | 挿管の練習しなかったのは褒めるべき »

February 11, 2010

次はCPCの有無


http://www.sankei-kansai.com/2010/02/10/20100210-020359.php

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
手術前の打ち合わせ行わず 山本容疑者 看護婦らへ計画書なし

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、手術を執刀した山本文夫容疑者(52)=業務上過失致死容疑で逮捕=が、手術の助手だった主治医の塚本泰彦容疑者(54)=同=や看護師らとの術前の会議(カンファレンス)を実施していなかったことが10日、病院関係者の話で分かった。

 さらに、山本容疑者が手術前、看護師に「1時間くらいで手術は終わる。輸血はいらん」と話したことも判明。県警は、山本容疑者が術前の打ち合わせもなく、無計画に手術をしたことが患者の死亡につながったとみて調べている。

 医療関係者によると、カンファレンスは執刀医が作成する手術計画書をもとに、人員や手術方法、手順などが説明される。通常は手術や患者にかかわる医師や看護師らが参加する。ところが、山本容疑者はカンファレンスを開かず、助手の塚本容疑者や看護師らに手術計画書も渡さなかったという。

 山本容疑者は手術前には輸血用血液を準備せず、患者が出血後に急遽(きゅうきょ)山本容疑者が県赤十字血液センターに発注していた。山本容疑者が手術時間を「1時間ぐらい」としていたことに対し、日本肝臓学会理事の工藤正俊・近畿大教授は「どんなに簡単な症例でも約2時間半で、平均約4時間はかかる」と指摘している。実際、山本容疑者は平成18年6月16日午前10時過ぎに手術を開始し、午後1時半ごろまでに肝静脈を損傷、患者が大量出血している。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

この医師を擁護する気は毛頭無い。

しかし,私は手術計画書なんぞ見たことない。
最近の大病院では当たり前なのか?
私の知っている個人病院ではつい数年前まで手術同意書どころか,ろくにムンテラもせずにオペしていた。もちろんカンファレンスなんか皆無。


私が医療ミスして訴えられたとき,「ラパ胆の麻酔計画書を提出しなかった」「鼠径ヘルニアの術前カンファレンスに参加しなかった」とかで糾弾されるのだろう。

|

« 否定されるか無視されるか | Main | 挿管の練習しなかったのは褒めるべき »

Comments

Piece of writing writing is also a excitement, if you know after that you can write otherwise it is complicated to write.

Posted by: accounting questions and answers for interview for freshers | June 18, 2014 at 07:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71276/47537700

Listed below are links to weblogs that reference 次はCPCの有無:

« 否定されるか無視されるか | Main | 挿管の練習しなかったのは褒めるべき »