« 見えないものと見えるもの | Main | 酒に目がない »

May 24, 2009

男性医師の勤務も調査しろ

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
9割超 当直明けも通常勤務 県内病院の女性医師 

2009年5月24日

 県内病院に勤務する女性医師の九割以上が当直明けも通常通りに勤務し、育児休暇も六割が取得していないことが県の調査で分かった。県は、女性医師支援対策検討委員会を立ち上げ、病院や医師に対する支援策を検討。女性医師が働きやすい環境を整えることで、医師不足解消の一助にしたいとしている。

 調査は昨年十月-今年一月、県内全病院にアンケートを送付、女性医師六百四十五人から回答があった。

 調査では、常勤女性医師の勤務時間は週五十六時間以上が27・1%を占めた。一カ月の当直勤務は一-九日が52・5%で、十日以上は1・7%。三日に一回、当直勤務している人もいた。当直明けの勤務は「通常通り」が92・9%だった。

 産前・産後の休暇は73・8%が取得していたが、「産前のみ」2・9%、「産後のみ」4・3%。取得しなかった人も5・2%いた。育児休暇は「代替医師がいない」「職場に取りづらい雰囲気がある」ことなどを理由に57・1%が取得していなかった。

 女性医師の支援策については、勤務体制の柔軟化や院内保育所の充実を求める声が多く、「患者・患者家族の理解も必要」という意見もあった。

 県は本年度、委員会で新たな支援策を検討するほか、常勤女性医師に短時間勤務や柔軟な勤務時間体制を取る病院に代替医師の人件費を助成したり、産休・育休明けの女性医師を対象にした復職研修を実施したりすることにしている。 (萩原誠)
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

厚生“労働”省の通達によると「宿直勤務は週一回,日直勤務は月一回を限度とすること」になっている。つまり,宿直は月4回が限度。しかし

>一カ月の当直勤務は一-九日が52・5%で、十日以上は1・7%。

十進法にこだわっているのか,1-9日と10日以上に分けているだけ。連続36時間勤務もめずらしくない当直の月1回と月9回が同じカテゴリー。せめて通達どおりの4回以内も数字出せよ。

この記事では「女性なのにこのような過酷な勤務」と言いたげだが,では男性なら当直明けの通常業務は構わないのか,三日に一度の当直も男性なら仕方ないのか?

|

« 見えないものと見えるもの | Main | 酒に目がない »

Comments

そもそも医師不足の原因が女医の増加によるものじゃないんですかね・・

Posted by: 苦学生 | May 26, 2009 02:33 AM

医師の労働環境の理不尽さが浮き彫りになってきたのは彼女たちのおかげかも知れません。

Posted by: 管理人 | May 27, 2009 09:49 AM

子持ち麻女です。
お邪魔するのは2回目です。

「苦学生」さんのコメント、身が切られる思いでした。
やはりそれが大方の見方なのですね。

1歳にも満たない乳児を保育所に早朝から預け、日中食事もトイレもままならない状態で業務にあたり、保育所から引き取った子供たちと就寝までのわずかな時間を過ごしています。当直もしていますが、週4日しか働いていません。
家庭では、子供の成長を見逃しているという寂しさに襲われ、親を求める時期にそばにいてやれないことは親として失格ではないかという思いに苛まれています。
一方職場では、人手不足なのに自分だけが休日働かず、週に1日休みをもらっているという肩身の狭さに苦しくなります。
しかしそれらは職業人でありながら子供をもってしまった以上、当然だと思い、ここには書きましたが現実には口にしません。
後数年したら、全力で働く、その時には恩返しをする、そう思っていても現実に口にしたことはありません。
なぜなら、他の方々にとっては
「子育てを理由に仕事減らしやがって。お前ら女医のせいで医師不足なんだよ」
という厄介のタネでしかないのが分かっているからです。「苦学生」さんの意見、やはりこれが皆さんの本音なのですね。


コロンビア大学の森島久代先生は以下のようにご意見を述べられました。
「女性医師自身が医師という職業に誇りと責任をもち続けなければ、真の麻酔科学の発展と麻酔科医療の向上、さらにはアカデミックな昇格に関する問題の改善は期待できないでしょう。せっかく麻酔科医として育て上げたあげく、妊娠しました、生まれました、で辞めました、戻ってもフルタイムでは働かないことが条件です、というような甘え方では、将来、そのうような貴女はいりません、と言われる時が来るかもしれません」

医学部の女子入学に制限ができるとか、
入学しても出産しない、と宣誓書をとられるとか、
そういう流れになることを恐れています。
職業選択の自由を制限していますので立法化はされないでしょうが、
暗黙のルールができるのではないか、と。

出産は女性だけですが、それ以降は男性も女性も同等に携われるはず、女性だけが育児のためにキャリアをあきらめるなんて奇妙な話です。
その奇妙さを日本の社会が解決しない限り、
「そもそも医師不足の原因が女医の増加によるものじゃないんですかね・・」
ということになるのだと思います。
この問題について、これからも考えていきたいと思いました。

長文失礼いたしました。

Posted by: pingu | June 04, 2009 11:17 AM

pinguさん,こんばんは。

信じてもらえないかもしれませんが,私は麻酔科のママ女医さんたちを疎ましく思ったことは一度もありません。

そして現在,私は麻酔科ばかりか他科の女性医師からも羨ましがられるような勤務状態にあります。ときどき「あんなか弱そうな女医さんがバリバリ働いているのに,俺がこんなに楽してていいのだろうか?」と後ろめたい気持ちになることがあります。

あなたは今の私よりもはるかにがんばっておられます。周りの目を気にしすぎても疲れが倍増するだけで何も変わりません。「医師不足の今だからこそ,週4日勤務や9時5時勤務でも重宝される。この時代の女医で良かった!」と思ってみてはどうでしょう。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 管理人 | June 04, 2009 11:27 PM

労わりの言葉をありがとうございます。
先生のような視野と度量の広い同業の方々に支えられ、日々業務にあたっております。

「この時代の女医でよかった」
そうですよね。
特に麻酔科でよかった。
例えば子持ち外科医などは、傍から見ていても、やはりご苦労が多そうです。

また明日からポジティブに麻酔します。
って明日明後日は完全にオフですが。

ありがとうございました!

Posted by: pingu | June 06, 2009 01:13 AM

If some one wishes to be updated with newest technologies after that he must be visit this site and be up to date all the time.

Posted by: free psn Code generator | October 01, 2014 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 男性医師の勤務も調査しろ:

« 見えないものと見えるもの | Main | 酒に目がない »