« April 2009 | Main | June 2009 »

May 24, 2009

男性医師の勤務も調査しろ

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
9割超 当直明けも通常勤務 県内病院の女性医師 

2009年5月24日

 県内病院に勤務する女性医師の九割以上が当直明けも通常通りに勤務し、育児休暇も六割が取得していないことが県の調査で分かった。県は、女性医師支援対策検討委員会を立ち上げ、病院や医師に対する支援策を検討。女性医師が働きやすい環境を整えることで、医師不足解消の一助にしたいとしている。

 調査は昨年十月-今年一月、県内全病院にアンケートを送付、女性医師六百四十五人から回答があった。

 調査では、常勤女性医師の勤務時間は週五十六時間以上が27・1%を占めた。一カ月の当直勤務は一-九日が52・5%で、十日以上は1・7%。三日に一回、当直勤務している人もいた。当直明けの勤務は「通常通り」が92・9%だった。

 産前・産後の休暇は73・8%が取得していたが、「産前のみ」2・9%、「産後のみ」4・3%。取得しなかった人も5・2%いた。育児休暇は「代替医師がいない」「職場に取りづらい雰囲気がある」ことなどを理由に57・1%が取得していなかった。

 女性医師の支援策については、勤務体制の柔軟化や院内保育所の充実を求める声が多く、「患者・患者家族の理解も必要」という意見もあった。

 県は本年度、委員会で新たな支援策を検討するほか、常勤女性医師に短時間勤務や柔軟な勤務時間体制を取る病院に代替医師の人件費を助成したり、産休・育休明けの女性医師を対象にした復職研修を実施したりすることにしている。 (萩原誠)
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

厚生“労働”省の通達によると「宿直勤務は週一回,日直勤務は月一回を限度とすること」になっている。つまり,宿直は月4回が限度。しかし

>一カ月の当直勤務は一-九日が52・5%で、十日以上は1・7%。

十進法にこだわっているのか,1-9日と10日以上に分けているだけ。連続36時間勤務もめずらしくない当直の月1回と月9回が同じカテゴリー。せめて通達どおりの4回以内も数字出せよ。

この記事では「女性なのにこのような過酷な勤務」と言いたげだが,では男性なら当直明けの通常業務は構わないのか,三日に一度の当直も男性なら仕方ないのか?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 16, 2009

見えないものと見えるもの

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
脳腫瘍患者に過剰な放射線で医療事故 京大病院が謝罪

2009年5月15日

 京都大学医学部付属病院で、脳腫瘍(しゅよう)の患者が放射線を過剰に照射され、全身の疲れや歩行障害などの後遺症が出ていたことが分かった。同病院が14日発表した。医師の確認不足が原因で、放射線で脊髄(せきずい)炎になった可能性が高く、病院は過失を認めて、患者に謝罪した。

 患者は40代の男性で、03年、脳腫瘍の手術後、頭部と脊髄の放射線治療を受けた。その後、08年6月ごろから徐々に、全身の倦怠(けんたい)感や足のしびれ、排尿時の違和感などが出て、検査入院した。

 過去の治療記録を詳しく調べたところ、脊髄の放射線照射は、首、胸、腰の三つに分けて行われていた。通常は5個ある腰の骨が、男性の場合、生まれつき4個だったため、照射部位のつなぎ目の位置を誤り、一部の骨に予定の1.4倍の放射線が照射された可能性があるとわかった。

 病院は、外部の専門家を含む調査委員会を開き、経緯を検証した。担当医師3人の確認作業が不十分だったと結論付けた。男性は現在、治療中で、病院は12日、過失を認めて謝罪、補償についても話し合うという。(瀬川茂子)
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

放射線治療のことはよく知らないし,記事からも詳細はつかめない。03年は手術だけだったのか,脊髄への照射も03年に含まれるのか。もし後者なら,08年に症状が出始めるとはなんと恐ろしい有害事象だろう。ウイルスとか放射線とか,肉眼で見えないものは恐ろしい。

>通常は5個ある腰の骨が、男性の場合、生まれつき4個だったため、照射部位のつなぎ目の位置を誤り


腰椎4個は見たことないが,腰椎が6個あることは時々あり,そのせいでルンバールや硬膜外の穿刺部位を数え間違えてしまうことがある。

ただ,私の場合は患者の腰椎が普通に5個でも硬膜外の椎間を間違える。ひどい時には予想よりも2椎体離れていることがある。言い訳が許されるなら,
・ヤコビー線が棘突起上を通ると,それがL4かL5か迷う。
・左右の肩甲骨下角を結んだ線が棘間を通ると,それがTh6/7かTh7/8か迷う。
・棘突起を触れにくい患者がいる。
・棘間靱帯が骨化して二つの棘突起が一塊として触れる場合がある。
・穿刺予定部位は肩甲骨側のメルクマールからもヤコビー線からも遠いことが多い。

硬膜外の穿刺部位が予定よりも少々ずれても術後鎮痛に影響することは少ない。また,こっちが狙った部位に入れていても術者が途中から皮切を上や下に伸ばすことも日常茶飯事。つまり「絶対ここから穿刺しなくてはならない」ものではなく,硬膜外の穿刺部位が予定通りでないことは麻酔科医にとってミスとは言えない。

しかし硬膜外血腫か何かで麻痺が残った場合,「麻酔記録には硬膜外の穿刺部位がTh10/11と記載されているが,実際はTh9/10だった。予定どおりTh10/11だったなら神経障害の程度はもっと軽かったはずだ」と責められる可能性もある。そうなると,麻酔記録には穿刺部位を自分が思う部位より上にずらして記載したほうがいいかもしれない。自分ではTh9/10だと思っていても,記録にはTh8/9と書くとか。

硬膜外カテーテルがX線不透過型でない場合は,穿刺部位を間違えたという証拠が残らない。麻酔記録がTh8/9で,MRIでの血腫がTh7/8でも構わない。血腫は穿刺部位に生じるとは限らない。頭側へ送り出したカテ先が血管を損傷した可能性もある。大事なことは,「穿刺部位は間違えなかった」と言えること。

ということで,硬麻のカテーテルはレントゲンで見えないX線透過型に限る。 切断して体内に残っても(以下略)

| | Comments (11) | TrackBack (2)

May 09, 2009

導尿でも間違うことがある

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
5年前の強制わいせつ容疑で医師逮捕 警視庁、時効直前
朝日新聞2009年5月7日(木)11:42

 04年5月に、勤務する病院で女性患者にわいせつな行為をしたとして、警視庁は、東京都板橋区小豆沢1丁目、医師堀江良彰容疑者(53)を強制わいせつの疑いで逮捕したと7日発表した。「故意ではなく手元が狂った」などと否認しているという。当時の強制わいせつ罪の公訴時効は5年で、時効成立直前の逮捕となった。

 捜査1課によると、堀江容疑者は東京都豊島区の病院で外科部長をしていた同年5月28日午後、受診した都内の当時20代の女性患者に大腸の検査をする際、内視鏡を陰部に挿入するなどのわいせつな行為をした疑いがある。女性が今年2月、同庁に相談。堀江容疑者は現在は別の病院に勤務していた。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


先端に潤滑剤を塗ったCFを肛門に入れようとして,前方に滑って膣に入ってしまう頻度がどれほどか私にはわからない。いろんな性癖の人もいるので,「ファイバーで膣の“中”を見ることが楽しいわけない」とも言えない。冤罪だとは言い切れないが,「これから若い女性にCFする男性医師は用心しなければならない」は断言できる。

オリンパスあたりは誤挿入防止具を開発するべきだ。
こんなものでは肝腎のCF検査ができない。やはり,入れてはいけないほうの穴を塞ぐ器具が必要だろう。それも強固にブロックできる代物が。麻酔科では,挿管チューブのカフが気管内で適切に膨らんでいても,胃管が気管に迷入することは日常茶飯事。こんな“二本差し”など故意にも不可能なほど太くて堅い棒でブロックしなければならない。どんな形の防止具になるか知らないが,「誤って大腸ファイバーが変な方に入ることもありますので,それを防ぐためにあっちのほうにこれを入れておいてください」なんて,かえって卑猥。

若い女性のCFは自院では行わず,女性医師がCFする施設(どれほどあるんだ?)に送るという手もあるかもしれないが,その“若い”の線引きが難しい。
こういう人もいるから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »