« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

無罪確定


魚拓

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
大野病院事件、地検が控訴断念 産科医の無罪確定へ
 大野病院事件で福島地検が控訴断念を決め、記者会見する保岡法相=29日午後、法務省 [ 写真拡大 ]

 福島県大熊町の県立大野病院で04年、帝王切開で出産した女性が手術中に死亡した事件で、業務上過失致死などの罪に問われた産婦人科医加藤克彦医師(40)を無罪とした福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴断念を決めた。無罪が確定する。医療界の猛反発を招いた異例の事件は1審で終結することになった。福島地検の村上満男次席検事は「裁判所の判断を覆すのは困難と判断した」と説明。

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

とりあえずはK先生が刑事事件の裁判で今後不毛な時間と心労を重ねることはなくなった。まずは一安心。

だが,プラマイゼロになったわけではない。多くのものを失った。

私は今後も周産期医療には手を出すつもりはない。麻酔科学会がフリーター麻酔科医をどんなに迫害しようと,帝王切開などには一切関わらない。

もちろん帝王切開だけではない。CVカテーテルを必要とするような症例も極力避ける。SGなど論外。

担当者が交代しても福島地検はまだ強がりを言っているようだが,「いちかばちか」次席検事や富岡署を表彰した県警は少しは恥をかいただろうか。だとしたら少しは溜飲が下がる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2008

再確認

http://www.med-model.jp/kekka/jirei38.pdf

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業

          評価結果の概要

本概要は、関係者への説明に用いるため、申請医療機関及び患者遺族に対して報告された「評価結果報告書」をもとに、その概要をまとめたもの。

1 対象者について

年齢: 20歳代
性別: 女性

事例概要:既往歴に2回帝王切開手術を受けた主婦。今回妊娠早期より前置胎盤と前の帝王切開創への癒着胎盤と診断され、自己血の貯血と輸血を準備し帝王切開を予定していた。予定した帝王切開まで子宮収縮抑制薬を点滴投与していたにも拘わらず妊娠33週に性器出血が増量し、さらに破水し、陣痛が発来したため緊急帝王切開をした。手術は帝王切開に引き続き胎盤を剥離することなく直ちに子宮全摘術を行ったが、摘出直後に予期せぬ心拍停止が発生し、急激な予測不能な大量出血により母体死亡を来たした。最終出血量は9053mlに及んだ。

中略


(2) 麻酔科医への提言:手術時の麻酔記録が極めて不十分であり、術中の記録から病態を解析するのに困難を極めた。稀有な症例であり、その時点での記録が困難であったものと推測するが、その後詳細な記録を残すことが重要である。硫酸マグネシウムの使用という情報が共有されていれば中和剤としてカルチコ-ルの選択もあった。
また今回使用した以外の別の昇圧薬やドーパミン薬の使用も考慮しても良かった。今後、大量出血が予想される手術にあたっては、麻酔開始前から中心静脈圧、動脈圧を連続的にモニタリング出来るように準備してから手術を開始すべきである。ただ現実に臨床の場で常に準備することは難しいことも理解出来る。しかし今後検討すべきである。

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


提言,確かに厳粛に受け止めます。

現在私は麻酔をひとりで担当しており,妊婦が大出血している最中はおそらく対処に追われ麻酔記録を遺漏なく完成させることは不可能です。不幸にして妊婦が亡くなった後は放心状態で麻酔記録のことを思い浮かべる余裕はないでしょう。産科医が遺族にムンテラしている間に完璧な麻酔記録を(言葉を選びながら)書き上げるほどの猛者ではありません。

私のような無能で小心者の麻酔科医は周産期医療には決して近寄ってはならないこと,再確認いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

木っ端微塵

キャッシュがとれなかった。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20080821-OYT8T00142.htm

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
医師無罪、県内に波紋
知事「安全確保努める」

 医療界に衝撃を与えた事件の裁定は、無罪だった。福島地裁で20日言い渡された県立大野病院の加藤克彦医師(40)=休職中=への判決。医師不足が深刻になるなか、今後の医療問題や医療行政などに大きな影響を与える可能性があるだけに、県内でも大きな注目が集まり、その結果に、関係者は様々な反応を見せた。

 判決を受け、県立病院を管理する茂田士郎県病院事業管理者は20日午後、記者会見を開いた。茂田管理者は冒頭、遺族への哀悼の意を示した後、「引き続き医療事故の再発防止に全力を尽くしたい」とのコメントを読み上げた。

 無罪判決については、「医療ミスではないと証明され、良かったというのが本音」と語り、現在、休職中の加藤医師については、「判決が確定すれば復職ということになる。(既に出されている処分についても)重大な事実誤認があった場合には取り消しもできる」と述べた。

 また、県が2005年3月にまとめた事故調査委員会の報告書で、加藤医師の処置をミスと判断したことについては、「(委員会は)医療事故の再発を防ぐために作ったもので、その時の結果は法的な意味はない。今回の判決の方がより正しい」とした。

 一方、遺族が病院側の説明に不満を持っていることについては、「病院としては誠意を尽くして説明したつもりだが、十分にそれが届かなかった点もあったのではないかと思う。今後チャンスがあれば続けていきたい」と話した。

 松本友作副知事も同日、取材に応じ、「今回の残念な事件を心に刻んで、地域医療体制の充実により一層取り組んでいきたい」と述べた。

 また、佐藤知事も同日、「今後も医療体制の整備と医療の安全確保に努めたい」との同趣旨のコメントを出した。
(2008年8月21日 読売新聞)

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

事故調査委員会の報告書では「医師のミス」
判決では「医師にミスはない」

このふたつのベクトルは正反対を向いていると思うが,
>今回の判決の方がより正しい
「より正しい」とは方向性が合っている場合に使う言葉だろうが。

医師のミスにしてしまえば再発防止になるとは知らなかった。
まあ,福島県立病院で働いてはいけないことだけはよく分かった。
諸般の事情により福島県立病院で働かなくてはならない先生方には,お慰めする言葉を見つけることができない。

食品偽装を曝かれた会社が一時休業した後,販売を再開した時「一度叩かれたから,今後は馬鹿なことはしないだろう。むしろ他の会社の製品よりかえって安心」と,その悪徳会社の製品を買う人も少なくない。

「福島県警も懲りただろうし,今後の福島県立病院では安心して医療に専念できる」と自分に言い聞かせるしかない。

昔,自治体病院に勤めていた頃は麻酔に必要な備品を買ってもらうにも木っ端地方役人(しかも年下)に「わかった。買ってやる」とばかりのでかい態度をとられた。今,やつらとかかわらずに済むだけでも精神衛生上どれほど快適か。

ところで,福島県の事故調査委員会は遺族への賠償金支払いのため,保険会社に保険金を払ってもらう目的で医師のミスと認定したとされている。これがもし本当なら,保険金詐欺では?

やつらのこと,今度は保険金詐欺の主犯をK医師になすりつけようとしていても不思議ではない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 23, 2008

みのほどしらず

魚拓

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
◆ 朝ズバッ!
「大野病院」無罪判決にみのがほえた
2008/8/21

<テレビウォッチ>夏休みを終え『朝ズバッ!』に復帰したみのもんたが久しぶりの咆哮。
ボクがお父さんだったら

福島地裁は昨日(8月20日)、帝王切開手術で癒着した胎盤を無理にはがし失血死させたとして業務上過失致死などに問われた医師に無罪を言い渡した。

この事件をきっかけに、医療行為に当たった医師がいちいち刑事責任を問われるのでは医療現場の医師らが萎縮すると、全国の医師らが猛反発。産科医不足を加速させた一因といわれ、社会問題となっていた。

業務場過失致死と医師法違反に問われたのは福島県立大野病院の加藤克彦被告(40)=休職中。

昨日の判決では「胎盤をはがさずに子宮摘出に移れば大量出血は回避できた」としながらも「(この回避手段が)当時の標準的な治療行為だったとは言えない。剥離の継続は注意義務違反には当たらず、死亡は避けられなかった」とした。

死亡もやむを得ない「標準的な治療行為」とは何なのか、漠然としていてよく分らないが、ジャーナリストの嶌信彦も「被害者側からすれば、どういう過程で死に至ったのか事実を知りたいという思いがある。そこをきちっとさせることは、次の事故を起こさせないことに役立つだろうと、被害者のお父さんはそこを求めたのだろう」と。

さらに、みのが「この医師が、ムリに(胎盤を)はがして出血多量になるということを知っていたか、いなかったかですよ。ボクがお父さんだったら、ムリにはがさず、子宮ごと摘出して命を助けてくれと言いたくなる」と吠えた。

医療過誤の裁判は難しい。被害者側も捜査当局もそして裁判官も医療行為については素人。よほどのミスでない限り、「専門家」である医師のミスは問えない。といって、「専門家」の立場に安住し、自ら聖域化していたのでは医療技術の底上げは遅れるばかり。今、そこが問われているのだ。
文 モンブラン | 似顔絵 池田マコト

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

結果を知っている人間が後でとやかく言うのは簡単。これこそ後出しジャンケン。

>ボクがお父さんだったら、ムリにはがさず、子宮ごと摘出して命を助けてくれと言いたくなる

何かに似ているなと思ったら,あれだ。

野球好きのオヤジが飲み屋で「俺が監督だったら,あの場面でピッチャーを交代させてたね」

いや,それでは野球好きオヤジに失礼だ。彼らは野球のルールや道具の使い方,ピッチャーの特長や欠点,相手バッターとの相性なども知っている。

>この医師が、ムリに(胎盤を)はがして出血多量になるということを知っていたか、いなかったかですよ

みのは,胎盤を娩出すれば子宮収縮によって止血が期待できるということを知っているのか,知らないのか。

胎盤の大きさも知らないのではないか。あの大きな胎盤が存在している限り子宮は収縮できない。

私は現在,周産期医療にはかかわっていないし,今後もかかわるつもりはない。もちろん昔は帝王切開の麻酔も担当していた。そして,心の中で涙目になりながら胎盤が娩出されるのを待っていたことが何度もあった。

帝王切開では赤ちゃんが子宮から出た後ただちに胎盤の娩出にとりかかる。胎盤が取り出された後にアトニンOなどの子宮収縮剤を投与すると子宮全体がみるみるうちに小さくなっていく。子宮が収縮すると血管が周りの筋肉に圧迫されて出血量が格段に減少する。

癒着胎盤ほどではないにしても胎盤を取り出すのに時間のかかることは珍しくない。その間に出血量が増えてきても,胎盤さえ出てしまえばこの子宮収縮による止血が期待できる。

赤ちゃんが無事娩出できたのもつかの間,思わぬ出血に難渋しながらも「胎盤さえ剥がれれば,この出血は何とかなる」という気持ちで術野と格闘した産科医は多いだろう。いや,その経験のない産科医などほとんどいないと思う。

そして「胎盤さえ出てくれれば出血は収まり,輸血をせずにすむかもしれない。早く胎盤を剥がしてくれ」と,祈りながら術野を見ていた麻酔科医もまた少なくないはずだ。

「あのときああすれば」「あの場面では俺なら」などで始まる,門外漢による結果論は飲み屋でなら(少しは恥ずかしいが)許される。

飲んだくれの野球好きオヤジが有している野球の知識と同じほど,みのオヤジが周産期医療の知識を有していたとしても,電波に乗せて言うことではない。毎日のように夜遊びしているそうだが,見苦しい後出しジャンケンご高説はホステスにだけ吹聴していればよい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 22, 2008

大野病院無罪判決

無罪は当然のこととはいえ,K医師にはこころよりお喜び申し上げたい。

しかしK医師が失った時間と名誉,裁判に費やした労力,心痛を思えば,「これですべてすっきり解決」などと言う気にはなれない。

痛快な逆転満塁ホームランとかではない。最悪の事態を免れたに過ぎない。

現に今でもK医師はテレビで何度も実名と顔を映され,マスコミは遺族を被害者扱い,つまりK医師を加害者扱いしている。

「もしK医師が有罪になった暁には,私は産科(あるいは臨床医)を辞める」と言ってきた医師たちはほっとしていることだろう。「辞めずに済んだ」と。K医師が有罪になったときに本当に辞めるような人は,K医師逮捕の直後から準備を進めて1年後には辞めていたと思う。「逮捕されても裁判で有罪になるとは限らない」などと気休め(にもならないこと)を言う人がいるが,逮捕された時点から当人には地獄の日々が始まる。

検察は「用手的に剥離が困難と分かった時点で剥離を諦め,子宮摘出に方針を変えるべきだった」と主張しているが,仮に早々と子宮摘出に切り替えていても結果が同じだった場合,「胎盤をクーパーなどで切離した後に子宮収縮剤を投与していれば助けられたはず。そもそも女性にとって大事な子宮をすぐに切除しようとするなど,医師にあるまじき行為」とされても不思議ではない。やつらは有罪を勝ち取るためにはどんなストーリーでもでっちあげるに違いない。そう,やはり逮捕されたら終わり。

K医師はただ通常の業務をこなしていたに過ぎない。出世や名誉のために難しい手術に挑んだわけでも,お金のために違法な手術を行ったわけでもない。胎盤癒着という,稀有かつ救命困難な地雷を踏んでしまっただけ。明日は我が身。

「人がひとり死んでいるのに無罪なんて」と言う連中と,そんな妄言をうれしそうに垂れ流すマスコミがいる限り,萎縮医療はますます進むに違いない。

赤塚不二夫氏は72歳で亡くなった。日本人男性の平均寿命は約79歳。なぜ誰も「医者が殺した」と騒がない? 人がひとり死んでいるのに誰も書類送検すらされていないのはどういうことか。夭折では本田美奈子,カンニングの中島忠幸,アンディ・フグ,夏目雅子,堀江しのぶ,松田勇作etc…。彼らの死に対しても誰かを有罪にするのか。

臓器移植後の免疫抑制剤やがんに対する化学療法など,医師のさじ加減に左右される治療は数え切れない。薬剤の量を10倍間違えたとかではなく,通常の範囲内でも効き目が強すぎたり弱すぎたりする。免疫抑制剤が効きすぎると感染症に,効かないと拒絶反応を起こす。化学療法が強すぎると骨髄抑制でやはり感染症に,弱いとがんが増殖する。そしていずれの場合も患者の生命は危険水域に入ってゆく。これらの患者が亡くなった時,「あのときあの薬をもう少し増やして(OR減らして)おけば・・・」と後悔したことのない医師はいないだろう。

瞬時の判断を余儀なくされた大野病院の件は許せなくて,考える時間が充分あるはずの臓器移植や化学療法は許せるとは不思議だ。元気だった患者が突然急変したのが受け入れられないなら,もうどうしようもない。白内障で入院中にSAHを発症することもあるだろう。クリニックの外来で待っている間に脳梗塞になるかもしれない。それらもすべて医師の落ち度にすればいい。さぞかし住みよい国になるだろう。

私が患者に麻酔をかけている最中,その患者に心筋梗塞が発生し救命できなかったとき,「人がひとり死んだ」という理由で逮捕されたのではたまったものではない。心筋梗塞の原因が長年の喫煙によるものだとしたら,情けなくて涙も出ない。こんな惨めな思いをしたくないなら,心筋梗塞のリスクファクターを持つ患者の麻酔は断るしかない。

最近仕事が忙しくて,ここの更新もままならない。
「患者が喫煙者の場合,心筋梗塞が恐いので麻酔をお断りします」と言えたなら,私の自由時間はずいぶん増える。収入は減るが,地雷を踏む確率が減って新しい趣味を見つけられるチャンスが増える。迷うほうがおかしいと言える。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

August 11, 2008

私は*科医になりたい


魚拓
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
手術ミスで娘死亡と富山県立病院を提訴

 2000年に富山県立中央病院で心臓の手術を受けた生後約2カ月の長女が死亡したのは、病院が注意義務を尽くさなかったためとして、金沢市の両親が富山県に対し、慰謝料など約5750万円を求める訴訟を、5日までに金沢地裁に起こした。

 訴状によると長女は2000年9月に出生。先天性心疾患と診断され、11月11日に同病院で心臓手術を受けたが、6日後に急性心不全で死亡した。両親は「病院が呼吸管理などの術前管理を十分に尽くさず、症状を悪化させた」などと主張している。

 同病院は「8年前のことで驚いており、弁護士と対応を協議している」とコメントしている。

 [2008年8月5日19時46分]

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

私は現在,比較的安全な場所にいる。

ASA PS4とか5の症例にお目にかかることはない。PSにEが付記される麻酔もほとんどない。

また,外来での短時間の診察で診断を下すなどと言う危険な医療行為も行っていない。
診断しないから誤診もない。
集団検診のバイトもまったく経験がなく,これからも経験する予定はない。
したがって見落としを責められることもない。

しかし過去には手術中の台上死だって数回経験しているし,術後早期に亡くなった患者も数え切れない。ただ,いずれの症例も私の未熟さのせいで死亡したのではない。出血を止められなかったのも,人工心肺から離脱できなかったのも,脳梗塞になったのも,DICになったのも私のせいではない(と思う)。しかし,これは私の言い分。もしかしたら,誰かが「あの麻酔科医のミスにできる」と入れ知恵しているかもしれない。幸運にして私個人ではなく病院や自治体が訴えられたとしても,裁判所に呼び出されるのはつらい。

自分の不手際で死亡したわけではないと思っていても,ある日突然訴えられる・・・何という恐怖。

医者は,毎日震えて眠らなくてはならない。

患者が死亡しなくても後年訴えられることもあるだろうが,賠償請求額のことを考慮すると,枕をやや高くして眠れるのはやはり死と直結しない*科や#科あたりだろうか。

| | Comments (284) | TrackBack (0)

August 02, 2008

救えなかった=死なせた らしい

魚拓

-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-
救命救急の医療事故「刑事責任免除も」 自民が検討

7月30日8時1分配信 産経新聞

 救命救急医療に関連した医療事故をめぐり、自民党が医師らの刑事責任を免除できるようにするため、議員立法で刑法を改正し、今秋の臨時国会に提出する方針であることが29日分かった。

 医療事故の原因究明などを行う厚生労働省の「医療安全調査委員会(仮称)」の設置に向けた自民党検討会の座長、大村秀章衆院議員が私案として検討会に提示した。

 救命救急の現場では、重い救急患者に接する機会が多いことなどから、医師が医療事故に遭遇するケースが少なくない。業務上過失致死傷罪に問われる可能性があることなどから、現場の医師が不足するといった問題が指摘されている。

 私案には医師不足の不安解消の狙いがあり、刑法211条を改正し「救命救急医療で人を死傷させたときは、情状で刑を免除することができる」の条文を新たに加えるという。大村氏は「刑法改正は難しいのは分かっているが、救急医療の現状を考慮し、あえて提示した。案を出すことで医療界で議論をさらに深めてほしい」と話している。

 しかし、厚労省が進める「安全調」の設置案では、医療従事者の刑事責任免除まで認めていない。
-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-


救命救急医療で人を死傷させたときは、情状で刑を免除することができる

“救命救急医療で人を死傷させる”というのは,通り魔にナイフで刺されて運ばれてきた患者を医者がさらにメスでメッタ切りしてとどめを刺すこと,などを想定していないだろう。

おそらく
交通事故で脳挫傷の患者に対し緊急開頭血腫除去などの懸命な治療もむなしく・・・
重度熱傷患者に大量輸液・感染対策など懸命な治療も功を奏さず・・・
肺血栓塞栓症の患者に対しPCPS,血栓除去術など懸命な治療も効無く・・・
といったところ。
その他AMI,大動脈瘤破裂,SAH,脳内出血,腸間膜血栓症,銃撃,薬物中毒,重症膵炎,喘息etc
死に至る救急患者は枚挙にいとまがない,つーか死にそうな患者が集まるところが救命救急医療ではなかったか。

でも大丈夫,患者が助からなかった場合でも“情状”で刑を免除してくれるらしい。
つまり「罪はあるけど,お目こぼしにより刑は課さない」というなんとも寛大な処置,慈悲深い配慮。私案とはいえ有り難いお言葉に涙が出る。

私は刑を免除されたとしても罪人にはなりたくないので,救急医療には近づかないようにしよう。病院当直とかいうものから開放されて久しく,救急患者を診ることどころか見ることもほとんど無くなったが,万が一麻酔の仕事中に救急外来での気管挿管を依頼されても「オペ室を離れるわけにはいきません」と,きっぱり断らねばならない。

ところで,医師だけ特別扱いしては他の業種が怒るだろう。
例えば消防士。
「懸命な消火活動にもかかわらず火勢を抑えきれず,人を死傷(焼死,CO中毒)させたときは,(罪はあるけど)情状で刑を免除することができる」
これくらいの約束をしてやらないと,消防士も安心して働けない。

職業ドライバーが運転中に人を死傷させるのとは話が違う。歩行中の人はもともと死にかけているわけではないし,ドライバーは歩行者を助けようとして失敗した結果跳ねとばすわけではない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »