« たとえ無罪でも気は晴れない | Main | 神頼み1 »

March 28, 2008

“元”医師の世迷言

魚拓

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
栃木の勤務医「過労で自殺」 労災と認定

2008年03月28日00時26分

 栃木県内の病院で勤務していた外科医の男性(当時38)が自殺したのは過労が原因だとして、鹿沼労働基準監督署が労災認定していたことが27日分かった。記者会見した遺族と代理人によると、長時間労働や転勤、医療事故を起こしたことによるストレスでうつ病になったと認められたという。

 代理人の川人博弁護士によると、男性は00年から埼玉県内の病院で勤務。残業は月80時間を超え、休日出勤や月数回の当直勤務もした。02年5月には、大学の医局の指示で栃木県内の病院に本人の望まない転勤をした。まもなく、内視鏡検査で患者の大腸に穴を開けるミスを起こす。00年の同じミスに続き2回目で、うつ病になった医師は6月14日に高架道路から飛び降り自殺した。

 公開された遺書には「多大な迷惑をかけてしまった。大学の医局にも、本当に患者様や(同僚の)先生、病院の方々に申しわけない。死んでおわびできるものでもないが、それでもやはり死ぬしかないと思う」などと書かれていた。

 男性の父親は「息子は医師の道を夢と希望を持って進んだ。医療の世界が厳しいのはわかるが、死者があってはならない」と話した。川人弁護士も「外科医の激務は深刻で、過労死をなくすには医師の増員と労働環境の改善が必要だ」と述べた。

 過労死弁護団のまとめによると、過去5年間で少なくとも10人の医師や研修医の死亡が、過労による労災や公務上の災害と認定されている。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


その前日,医師免許を持つ作家が書いた以下のような文章が某大手新聞に掲載された。絶妙のタイミングと言えよう。尚,この労災認定の話題をグーグルニュースで検索してみると毎日,朝日,読売,中日の各新聞と,時事通信が引っかかった。産経が掲載しなかったのはニュースにする価値無しと判断したためか。それとも珍しく,昨日載せてしまった駄文の内容を覚えていたか。


魚拓

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
【断 久坂部羊】医師に労基法はそぐわない
2008.3.27 03:24
このニュースのトピックス:コラム・断

 先日、ある新聞の1面に「救命医宿直7割『違法』」という記事が出た。救命救急センターの当直が労基法に違反しているとの内容である。医師の激務の実態を報じるのはいいが、そこに労基法など持ち出しては百害あって一利なしだ。

 記事には、労基法上、残業などの時間外労働は原則、月45時間までとか、労基法に違反すると、労働基準監督署が改善指導し、従わない場合は書類送検することも、などとある。医療にそんな建前が通用するわけがないではないか。それとも、治療を求める患者を前に、医師が労基法をたてにして、病院に権利主張ができるとでもいうのか。

 医師に労基法を適用して、臨床研修制度が大きな矛盾を抱えたことは記憶に新しい。研修医に30万円程度の給料を保障したため、指導医のほうが安月給になったり、週末や当直明けを休みにしたため、研修医の一部が、医師のありようを学ぶ前に、休暇の権利を覚えたりするようになった。

 医師の勤務が労基法に違反している云々(うんぬん)などは、現場の医師にとっては寝言に等しい。医師の激務や待遇の改善は必要だが、今さら労基法を当てにする者など、まずいないだろう。万一、医師が労基法の適用を求めだしたら、現場はたいへんな混乱になる。

 患者の治療よりも、労基法の遵守を優先すべきだとまで主張するならいいが、そうでなければ、表面的に「違法」をあげつらうのは、単なる絵空事にすぎない。(医師・作家)
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

テレビ局はバラエティ報道番組の一コーナーで「密着取材 救急医療の現場 激務の実態」などと銘打った特集を定期的に流す。どこの局が作っても構成はまったく同じ。

夕方の当直業務開始(申し送り)のシーンで始まる
さっそく血だらけの患者やCPRされながらの重症患者が救急車で次々運ばれてくる
重症患者の治療の最中に新たに搬送依頼の電話が入る(最近は断るシーンもあり)
患者が一段落した時点で当直医(もちろん夜勤ではない)が遅い夕食(店屋物,コンビニ弁当,あるいはカップ麺)を食べようとすると,患者急変で呼ばれる
当直医が風邪薬や栄養ドリンクを飲むシーンもたまにあり
歩いてやってくる患者や,救急車から元気よく降りてくる軽症患者も少し映す(最近は「コンビニ受診」のナレーションも。 もちろん患者の顔はモザイク)
当直医がソファで仮眠をとろうとすると,30分もたたないうちに院内PHSで起こされる
翌日朝の申し送りシーン(最近は「結局朝までほとんど眠れず,この後通常勤務に入る」のナレーションあり)
その後の通常勤務(外来・定期手術・検査・病棟・カンファレンス)をちょっとだけ流す
夜になって帰宅するシーン(「連続**時間の勤務がやっと終わった」のナレーション)

私はこのような金太郎飴取材を見るたびに,「労基法違反を問題にしろよ。当直入りの夕方からだと密着にはならないだろ。その日の朝から翌日夜までの36時間を完全密着しろよ」とテレビに向かって突っ込んでいる。

久坂部氏なら同じ番組を見ても「それくらいの勤務で弱音を吐くな。もっと国民に奉仕しろ」と突っ込んでいることだろう。彼の言う「医師のありよう」とは過労死するまで激務を続けることらしい。

|

« たとえ無罪でも気は晴れない | Main | 神頼み1 »

Comments

I'm amazed, I must say. Rarely do I encounter a blog that's both equally educative and interesting, and without a doubt, you've hit the nail on the head. The issue is something which not enough men and women are speaking intelligently about. I am very happy I stumbled across this in my hunt for something relating to this.

Posted by: free music downloads | August 20, 2014 at 07:38 PM

People with pets can live a longer life because they talk to their pets. The staff at 'Coopers' seemed kind and professional about their work. And not knowing what lay ahead of me tomorrow, I carefully placed the small gift-package into my shoulder bag beside my notes and postcards.

Posted by: Asphalt 8 Hack Tool | August 22, 2014 at 06:40 AM

Superb, what a web site it is! This web site presents helpful information to us, keep it up.

Posted by: Reto 90 que es | October 29, 2014 at 07:38 PM

With havin so much content and articles do you ever run into any problems of plagorism or copyright violation? My blog has a lot of exclusive content I've either written myself or outsourced but it seems a lot of it is popping it up all over the internet without my authorization. Do you know any methods to help stop content from being stolen? I'd really appreciate it.

Posted by: Argent de la maison | February 27, 2015 at 11:44 PM

Hi there i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace, when i read this article i thought i could also create comment due to this sensible paragraph.

Posted by: como respaldar informacion | March 04, 2015 at 12:35 PM

Nice post. I was checking continuously this blog and I'm impressed! Extremely helpful info particularly the last part : ) I care for such information a lot. I was seeking this certain information for a very long time. Thank you and best of luck.

Posted by: head soccer hack ifunbox mac | March 06, 2015 at 11:38 PM

My brother recommended I might like this web site. He was entirely right. This post actually made my day. You cann't imagine just how much time I had spent for this information! Thanks!

Posted by: Reto90 | March 23, 2015 at 03:46 PM

Hello, yeah this article is in fact fastidious and I have learned lot of things from it on the topic of blogging. thanks.

Posted by: android app hack updated | May 15, 2015 at 06:35 AM

The receiver of the initial mobile telephone contact was Joel Angel, the analysis head at AT&T's Bell Labs and rival of Dr. Cooper.

Posted by: gamestop mobile app | September 27, 2015 at 02:16 PM

Great site you have here but I was wondering if you knew of any forums that cover the same topics talked about in this article? I'd really love to be a part of group where I can get feed-back from other experienced individuals that share the same interest. If you have any suggestions, please let me know. Thanks a lot!

Posted by: star wars: battlefront hacks | September 28, 2015 at 05:05 PM

Having read this I thought it was very enlightening. I appreciate you spending some time and energy to put this information together. I once again find myself spending a significant amount of time both reading and commenting. But so what, it was still worthwhile!

Posted by: PUKIMAK | October 22, 2015 at 03:39 AM

Other things you should not do include, inserting meta tags that are unrelated to page content. Make an effort to possess a mid-tail key phrase, too. You can create a video about your product or service that you offer on your website and post that on You - Tube.

Posted by: gsa seo indexer | October 22, 2015 at 06:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71276/40670082

Listed below are links to weblogs that reference “元”医師の世迷言:

» いったいどうしたらいいのよ!? [うつ病の家族への対応マニュアル]
大切な家族がうつ病になったら、周りもとまどったり、不安になったりしますよね? そんなとき、ちょっとした知識と、ちょっとした対応法を知っていれば安心です。 [Read More]

Tracked on April 04, 2008 at 05:42 PM

« たとえ無罪でも気は晴れない | Main | 神頼み1 »