« エピ考(4) | Main | マイナス面(1) »

March 11, 2005

タバコは吸ってください

私はタバコを吸わないし,嫌煙派である。新幹線は禁煙車,ファミレスも禁煙席を選ぶ。分煙などと言わず,駅も飲食店も全面禁煙にしてもらいたいと常々思っている。しかし,タバコを吸いたい人は自宅やマイカーのなかでどんどん吸えば良い。肺の手術は分離換気という特殊な手技を用いるため,麻酔の保険点数が高くなる。つまり,肺の手術の麻酔は私にとって「おいしい仕事」なのである。肺の手術というと,肺癌やブラの切除術である。タバコが関与しない肺癌もあるが,ほとんどの肺癌とブラはタバコが原因である。だから,私と私の家族,私にとって大事な人たちにはタバコを吸って欲しくないが,それ以外でタバコを吸いたい人は1日100本以上吸ってもらって構わない。そして未来の私の「メシの種」になってくれれば良い。このように考えると,歩きタバコしている人を見ても苦々しく感じずに済む。しかし,今タバコを吸っているアホそうな中高生が肺癌になる頃には,私は麻酔をしていないのが残念だ。
喫煙は癌だけでなく様々な疾患をもたらしてくれる,医療従事者にとってはありがたい風習である。日本医師会が禁煙キャンペーンを実施しているが,それは将来の自分たちの仕事を減らす行為と言える。トヨタやホンダが「地球温暖化防止のため,マイカーはなるべく使わず,公共の交通機関を利用しましょう」というキャンペーンを張るようなものだ。
「医者のくせに喫煙を奨励するなんて」と思う人もいるかもしれないが,閑古鳥が鳴いている内科クリニックの院長がインフルエンザの流行を望むのと同じである。それに,自分はヘビースモーカーのくせに患者には「タバコをやめなさい」という医者と,「タバコはいくらでも吸っていいですよ。私は病気になりたくないので絶対吸いませんけどね」という医者と,どっちがマシだろうか。
タバコによる疾患の医療費が保険医療財政を圧迫していると主張する人もいるだろうから,「タバコが原因であることが明白な疾患では健康保険が効かないようにすればよい」という意見も一応述べておく。
愛煙家の皆さん,私を非難しないでね。私は,あなた達がタバコを吸う権利を尊重しているのだから。

|

« エピ考(4) | Main | マイナス面(1) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71276/3261732

Listed below are links to weblogs that reference タバコは吸ってください:

« エピ考(4) | Main | マイナス面(1) »