January 15, 2011

隣の部屋まで聞こえるくらいに


-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
麻酔ミスで医師2人を書類送検 神奈川県立がんセンター

 神奈川県警は12日、県立がんセンター(横浜市旭区)で2008年に乳がんの手術中、麻酔器から人工呼吸用の管が外れたのに気付かず、女性患者に脳障害などを負わせたとして業務上過失傷害の疑いで、麻酔担当の男性医師(41)=神奈川県大和市=と執刀した男性医師(37)=静岡県熱海市=を書類送検した。

 送検容疑は08年4月16日、乳がんの女性患者(47)の乳房部分切除手術中、麻酔医が全身麻酔後に執刀医に引き継がずに退室。その後、麻酔器から空気を送る管が外れたのに執刀医は気付かず、18分間にわたり酸素供給が止まったことで患者に脳機能障害と手足のまひの障害を負わせた疑い。

 県警によると、2人はいずれも現在は別の病院に勤務している。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

私は日常的に並列麻酔を行っている。私が特に望んでいるわけではなく,私が働くようになる前からずっとそうだった。病院職員の家族はもちろんのこと,その病院で働いている現役看護師が手術を受ける場合も最初から並列で手術予定が組まれる。したがって,全麻手術中に麻酔科医(私のみ)が30分以上不在となることは日常茶飯事というか,平常運転。2つのオペ室を忙しく行き来しているときには「早くどっちか終わってくれないかなー。まったり落ち着いて麻酔したいな」などと思う一方,長い手術が一例だけだと「あー退屈。緊急のイレウスでも来ればいいのに」と罰当たりなことを考えながら20分ほどのトイレ休憩を入れたりしている。私がオペ室を離れている間に麻酔回路が外れて患者が低酸素になるというようなことはいつ起こってもおかしくない。しかし,パルスオキシメーターやカプノメーターのアラームはともかく,麻酔器の低圧アラームは外科医や看護師が聞き逃す程度の音量なのだろうか?私が働いている病院の麻酔器はどれも年代物でアラーム音は大きい。

麻酔導入後,気管挿管を終えると麻酔器の換気モードをマニュアルから人工呼吸に変える。そして必要なら体位変換が始まる。患者の体位を変える際には挿管チューブと蛇管の接続をはずすが,このとき人工呼吸器の低圧アラームがけたたましく鳴り響く。体位変換後に再接続してもその瞬間にアラームが鳴りやむのではなく,次の吸気で回路内の圧が上昇するまで鳴り続ける。体位変換直後は麻酔科医はあわただしい。枕の調整,静脈ルートの確認。はずれた(あるいはわざとはずした)パルスオキシメーターの再装着。心電図の電極が剥がれていることもある。また,外科医による体位の微調整が続いているとうかつに患者の頭から手を離せない。したがって低圧アラームのミュートボタンを押すという行為の優先順位は低い。何しろ回路を再接続した後はまもなく鳴りやむはずである。しかし,この“まもなく”が我慢できないほどうるさいため,私は右手を一瞬伸ばしてミュートボタンを押すことが多い。ミュート時間はせいぜい1分程度なのでこのときの無アラーム状態が患者を危険にさらすことはない。

マニュアル換気時の無呼吸アラームはあんまりうるさいと使いにくいが,せめて人工呼吸時の低圧アラームは外科医や看護師の顔に「早くその音を停めろよ」が表示されるくらい大音量でいいと思う。

| | Comments (123) | TrackBack (0)

November 07, 2010

特別扱いやめたら?

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
『院内感染防止』にHIV検査 浜松・聖隷2病院が費用を患者に負担

3万5000人に返金へ

会見で質問に答える荻野和功・聖隷三方原病院長(左)と鳥居裕一・聖隷浜松病院長代行(右)=20日午前、浜松市中区住吉の聖隷浜松病院で

 聖隷福祉事業団(浜松市中区、山本敏博理事長)が浜松市内で運営する聖隷浜松病院と聖隷三方原病院は20日、手術を控えた一部の患者らに、求めがなくてもエイズウイルス(HIV)感染検査をし、費用を負担させていたと発表した。両病院は不適切な対応だったと認めて既に検査を中止し、約3万5000人に計6200万円を返金する。

 手術前のHIV検査は、大量出血を伴う手術について静岡県では保険適用が一部認められているが、両病院では輸血が必要ない軽微な手術患者にも費用を全額負担させていた。

 事業団が運営する聖隷横浜病院(横浜市)で今年、同様の問題が発覚し、両病院が調査していた。

 聖隷浜松病院(浜松市中区)で開かれた両病院の会見で、荻野和功・聖隷三方原病院長は「当初は院内感染から職員を守るのを目的に、病院側の解釈でやった。少し無理があったと反省している」と述べた。

 説明では、1回あたりの徴収額は、浜松病院が1260~1990円、三方原病院は2100円。1999年以降だけで延べ3万5000人にのぼる。

 また、HIV検査は本人の同意が必要だが、これまでは手術の同意書に一括して記述し、分かりにくかった。

 このため浜松病院は8月から同意書の書式を変更し、三方原病院は準備中という。

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


何年か前,ある男の骨接合術の麻酔を担当した。20歳代前半だったが,中学の頃からのシンナー遊びとおそらく喧嘩のせいで歯がほとんどなかった。骨折の原因も喧嘩。薬物乱用歴があり,HCV(+)。
既にHCV(+)なのでHIVの有無は大勢に影響はないが,(興味本意で)調べて欲しかった。整形外科の先生も麻酔導入が終わると「みんな気をつけて。どうせエイズウイルスも持っている」と言っていた。
こんな症例はわかりやすいが,中には立ち居振る舞いが上品で言葉遣いも丁寧,BもCもWaも(-)でHIVだけが(+)の患者もいるかもしれない。そろそろHIVだけを特別扱いするのはやめたらどうか。現状では保険適用が認められないなら,患者本人が検査に同意しても混合診療になってしまう。

| | Comments (1285) | TrackBack (2)

August 27, 2010

占いや祈祷の歴史に比べれば200年なんて

私は信教の自由を尊重する。
私に迷惑をかけない限り,金目教でも何でも信じたい人は信じていればいい。
「手術は受けてもいいが輸血はダメ」という教義を重んじる患者(もしくは患者の家族)は医療従事者にとっては困りもので,教義をもう一歩進めて「たとえ治療のためでも身体を意図的に刃物で傷つけてはならない」としてくれていたら,外科医も麻酔科医も悩まずにすんだのに…と思わなくもない。だが,今の私は外科医から輸血拒否患者の手術の相談があった時点で即「その麻酔は引き受けません」と言える。私にとって脅威ではなくなった。
とにかく,私と関係のないところで誰が何を信じようが本人の自由だ。私はその人たちと関わらないように生きていくだけ。

最近ホメオパシーとかいうものが話題になっているが,上記の理由により私はノーコメント。
しかし,養成学校の存在にはびっくり。

私は最近前投薬など処方していないが,今後は処方するにしても前投薬のことを「プレメディ」と呼ぶのはやめた方が良さそうだ。誰かが聞き違えて「あの麻酔の先生,レメディ使っているそうよ」「そういえば筋ジスの患者さんのとき,ホメオパシー(ミオパチーの聞き違え)がどうとか言ってた」

| | Comments (1179) | TrackBack (0)

August 07, 2010

免疫アレルギー

何かが嫌い・苦手であることを「**アレルギー」と表現することがある。たとえば数学アレルギーなど。おそらく「そのものに接する,あるいは考えただけでじんましんが出るほど苦手」ということだろう。

私は免疫学が苦手なので「免疫アレルギー」と自称してもいいくらいだ。そして私は日々の麻酔業務でアナフィラキシーショックやCVCIに遭遇することを恐れている。そのような地雷を踏んでしまうことを考えただけでじんましんが出そうな気分になる。いわば「アナフィラキシーアレルギー」,「挿管困難アレルギー」。

さて,最近ブリディオン(スガマデックス)という筋弛緩薬拮抗剤が日本でも使えるようになった。ロクロニウム/ベクロニウムを選択的に直接包接して筋弛緩作用を不活化する世界初の筋弛緩回復剤ということで脚光を浴びている。

麻酔関連でアナフィラキシーショックの原因として多いのが筋弛緩薬。麻酔導入直後にアナフィラキシーショックとなり,エスラックスがその原因として強く疑われた場合,アナフィラキシー治療の目的でブリディオンを投与することに意義があるのか? エスラックスを直接“包接”するのだから,抗原性も覆い隠してくれそうな気がする。既に起こってしまったショックには対症療法が第一としても,免疫アレルギーのド素人としては「抗原量を減らせるならアナフィラキシーの持続時間も短縮できるのでは?」と期待してしまう。

先行使用している欧米ではさぞかし多くの情報があるだろうと思って探したが,検索下手の私は1件しか見つけられなかった。
Mitigation of rocuronium-induced anaphylaxis by sugammadex: the great unknown


なるほど,エスラックス投与直後なら包接に必要なブリディオンも大量(16mg/Kg)になるか。そりゃそうだ。挿管できなくて緊急リバースする場合と同じだが,アナフィラキシーに効くかどうかわからないのに常用量の8倍投与は勇気がいる。
結局,「自己責任で使いなさいよ」ということか。

アナフィラキシーショック遭遇の際には私はパニくって呼吸・循環の維持に必死だろうから,ブリディオンのことなど考える余裕などないはず。それにヘタにブリディオンを投与するとアナフィラキシーには効果みられないまま筋弛緩だけが切れ,挿管チューブをいやがって暴れ出すかもしれない。暴れる元気があればの話だが・・。

| | Comments (1022) | TrackBack (0)

July 17, 2010

二重基準

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
参院選で二重投票の医師を逮捕 兵庫県警
2010.7.16 00:02

 11日に投開票が行われた参院選で、期日前投票制度を悪用して二重投票したとして、兵庫県警捜査2課と芦屋署は15日、公選法違反(詐偽投票)容疑で、芦屋市大原町の美容整形外科医、馬見知大容疑者(45)を逮捕した。「1回目に投票した覚えはない」と否認しているという。

 逮捕容疑は、今月5日に期日前投票を済ませていたにもかかわらず、投票日の11日午前、芦屋市内の投票所で投票したとしている。

 馬見容疑者は大阪市北区で経営している「うまみ美容クリニック」の院長。

 県警などによると、投票所の職員が馬見容疑者から「選挙通知書」を提示され、投票用紙を渡した後に選挙人名簿を確認したところ、期日前投票していることが判明。馬見容疑者に問いただしたが、何も答えず投票して立ち去ったという。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
神戸で二重投票見逃す

配信元:産経新聞

2010/07/11 16:44更新

 神戸市北区選挙管理委員会は11日、参院選の期日前投票で、同じ女性(77)が二重投票するのに気付かないミスがあったと発表した。

 同選管によると、女性は6月26日と7月10日の2度投票。10日に職員が投票用紙を渡す際、パソコンに投票済みの表示があったのに気付かなかったとしている。投票用紙を特定できないため、2度とも有効票として扱われる。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

同じ兵庫県内で同じように二重投票して,45歳の医師は逮捕で実名報道,77歳の女性はおとがめ無し?

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
【参院選トラブル】大分・杵築で二重投票 名簿確認せず用紙交付
2010.7.11 18:09

 大分県杵築市選挙管理委員会は11日、参院選の同市の投票所で、確認ミスのため期日前投票済みの男性(20)に投票用紙が交付され、二重投票したと発表した。投票用紙を特定できないため、2票とも有効票になる。

 同選管によると、名簿の備考欄に投票済みの記載があったが、係員が名簿を確認する前に選挙区の投票用紙を交付してしまったという。投票後に別の係員が気付き、比例代表は投票していないという。

 男性は2日に期日前投票した際には入場整理券を持っておらず、生年月日などによる口頭での本人確認を受けた。11日は入場整理券を持って投票所を訪れていた。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

こちらの20歳男性も警察にしょっぴかれることはなさそう。

芦屋の45歳の医師だけが悪質だったのか? 期日前投票を済ませていながら通常の投票日にも投票所に顔を出せば,それだけで二重投票の意志は充分あったと思うが。

| | Comments (44) | TrackBack (0)

May 27, 2010

まわりくどい機序を考えるヤツはきっといる

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
ラッシャー木村さん:死去、68歳=元プロレスラー

 元プロレスラーのラッシャー木村(本名・木村政雄=きむら・まさお)さんが24日午前、腎不全による誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京都内の病院で亡くなった。68歳。所属団体である「プロレスリング・ノア」が同日、発表した。葬儀は近親者のみで行う。

 北海道出身。58年に大相撲・宮城野部屋に入門。65年にプロレスデビューを果たし、以後、数々の団体を渡り歩いた。67~81年の国際プロレス時代には過激な闘いを数多くこなし、「金網デスマッチの鬼」と呼ばれた。また国際プロレス崩壊後の81年、新日本プロレスに「殴り込み」をかけた際には、きまじめな性格ゆえ、リング上で「こんばんは」と丁寧にあいさつをしてしまった逸話を持つ。

 84年からは全日本プロレスに参戦。故ジャイアント馬場選手のタッグパートナーなどを務めたほか、ユニークなマイクパフォーマンスでも人気を集めた。00年に全日本から分離したノアに参加したが、04年に体調不良を理由に現役を引退した。
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


>腎不全による誤嚥(ごえん)性肺炎

腎機能が悪い患者さんの麻酔導入は全例クラッシュですね。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

May 06, 2010

理想形の奴隷に戻りなさい

先日,日本麻酔科学会のNEWS LETTERが届いた。
その冒頭の『理事長からのメッセージ』を要約すると

厚労省は医師不足対策として特定看護師制度を提案している。
日本麻酔科学会としては特定看護師に麻酔までされたら困る。
外科系学会は麻酔看護師に期待している。
外科系学会の言い分は「フリーが法外な収入を得ているから」
フリーの麻酔科医は理想形ではない。
研修医や歯科医は手術室で学ぶ人であって,マンパワーであってはならない。


行間をくみ取ると
「フリーが荒稼ぎするから,外科医らは低価格でこき使える麻酔看護師を望んだりするんじゃ」
「フリーターどもはさっさと大学病院や基幹病院に戻ってきて,研修医や歯科医に麻酔を教えんかい!」
「え? 法外なバイト料はフリーだけじゃない? 大学病院の勤務医も同じ?  あほ,バイトは週二回までならええんじゃ。おまえらフリーが週に4回も5回もバイトに行くからこんなことになるんやろが!」

ところで,麻酔科医の理想形とはなんだろう。
内科医の理想形は?  眼科医は?  他科の開業医は?
それに理想形がどんなものであろうと,私はそんなものにまったく興味がない。

| | Comments (270) | TrackBack (0)

April 03, 2010

胞状奇胎の女性も妊婦?


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100329-OYT1T00616.htm

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検

 救急搬送された女性が子宮外妊娠していることに気づかず、適切な処置をせずに死亡させたとして、警視庁は29日、東京都世田谷区の総合病院の元男性勤務医(50)を業務上過失致死の疑いで書類送検した。

 発表によると、元勤務医は2005年4月14日午後10時25分頃、腹痛を訴えて救急搬送されてきた町田市の妊婦(当時26歳)に対し、血圧低下の症状などから子宮外妊娠や腹部内出血の可能性を疑って緊急手術や婦人科のある病院に転送すべきだったのに、これに気付かず、問診やレントゲン撮影を行っただけで適切な処置をしなかった疑い。女性は翌15日朝、卵管破裂による多量出血で死亡した。

 同庁幹部によると、元勤務医は消化器外科が専門。女性が搬送された際は当直勤務中だった。同庁では「専門外であっても、子宮外妊娠の可能性を疑うべきだった」としている。
(2010年3月29日13時47分 読売新聞)
-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


子宮外妊娠という病気に罹っている女性のことを“妊婦”と呼ぶとは知らなかった。
この記事を書いた記者は「医師が適切な処置を行っていれば数か月後に無事出産できたはず」と思っているのかもしれない。

“やはり救急医療にはかかわったら負け”なんて当たり前のことは今さら書くまでもない。

| | Comments (140) | TrackBack (0)

March 07, 2010

新聞やテレビは暴走したことないの

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
ネットで医師暴走、医療被害者に暴言・中傷

読売新聞
 医療事故の被害者や支援者への個人攻撃、品位のない中傷、カルテの無断転載など、インターネット上で発信する医師たちの“暴走”が目立ち、遺族が精神的な二次被害を受ける例も相次いでいる。

 状況を憂慮した日本医師会(日医)の生命倫理懇談会(座長、高久史麿・日本医学会会長)は2月、こうしたネット上の加害行為を「専門職として不適切だ」と、強く戒める報告書をまとめた。

 ネット上の攻撃的発言は数年前から激しくなった。

 2006年に奈良県の妊婦が19病院に転院を断られた末、搬送先で死亡した問題では、カルテの内容が医師専用掲示板に勝手に書き込まれ、医師らの公開ブログにも転載された。警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した。同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた。

 同じ年に産婦人科医が逮捕された福島県立大野病院の出産事故(無罪確定)では、遺族の自宅を調べるよう呼びかける書き込みや、「2人目はだめだと言われていたのに産んだ」と亡くなった妊婦を非難する言葉が掲示板やブログに出た。

 この事故について冷静な検証を求める発言をした金沢大医学部の講師は、2ちゃんねる掲示板で「日本の全(すべ)ての医師の敵。日本中の医師からリンチを浴びながら生きて行くだろう。命を大事にしろよ」と脅迫され、医師専用掲示板では「こういう万年講師が掃きだめにいる」と書かれた。

 割りばしがのどに刺さって男児が死亡した事故では、診察した東京・杏林大病院の医師の無罪が08年に確定した後、「医療崩壊を招いた死神ファミリー」「被害者面して医師を恐喝、ついでに責任転嫁しようと騒いだ」などと両親を非難する書き込みが相次いだ。

 ほかにも、遺族らを「モンスター」「自称被害者のクレーマー」などと呼んだり、「責任をなすりつけた上で病院から金をせしめたいのかな」などと、おとしめる投稿は今も多い。

 誰でも書けるネット上の百科事典「ウィキペディア」では、市民団体の活動が、医療崩壊の原因の一つとして記述されている。

 奈良の遺族は「『産科医療を崩壊させた』という中傷も相次ぎ、深く傷ついた」、割りばし事故の母親は「発言することが恐ろしくなった」という。

 ◆日医警告「信頼損なう」◆

 日医の懇談会は「高度情報化社会における生命倫理」の報告書で、ネット上の言動について「特に医療被害者、家族、医療機関の内部告発者、政策に携わる公務員、報道記者などへの個人攻撃は、医師の社会的信頼を損なう」と強調した。

 匿名の掲示板でも、違法性があれば投稿者の情報は開示され、刑事・民事の責任を問われる、と安易な書き込みに注意を喚起。「専門職である医師は実名での情報発信が望ましい」とし、医師専用の掲示板は原則実名の運営に改めるべきだとした。ウィキペディアの記事の一方的書き換えも「荒らし」の一種だと断じ、公人でない個人の記事を作るのも慎むべきだとした。

 報告の内容は、日医が定めた「医師の職業倫理指針」に盛り込まれる可能性もある。その場合、違反すると再教育の対象になりうる。


-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-

割り箸,大野,大淀と三連敗したら,医師憎しのルサンチマンマスゴミはあせるだろうけど,なにこれ。


>警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した

>同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた


この二人が本当に医師だったので,その後に登場する匿名の書き込みもすべて間違いなく医師の仕業と印象操作できる。なかなかうまい手口。しかし匿名とは職業不詳ということでもある。「名前はわからないが医師には違いない」と断言できないはず。医師を嫌っている人間が,医師を貶めるためにわざと悪態をついている可能性もある。医師専用掲示板に医師以外が自由に出入りしているのは周知の事実。だからこそ飲み屋での愚痴レベルが外に漏れ出た。

しかしまあ,「2ちゃんねる掲示板ではこんなひどいことが書かれていた」なんて恥ずかしいことを堂々と書くマスゴミ・・・。語るに落ちたとはこのことか。

「名前はわからないが管理人は医師に違いない」というブログは数多く存在する。(ここと違って)知性とウイットにあふれる文体で医療の問題点を独自の視点で考察,医師にしか書けないエピソードを披露し,医師特有の悩みを打ち明け,トンデモ判決に対して医師なら誰もが抱くであろう感情を吐露する。その生業に疑問を挟む余地などない。そしてその多くは(ここと違って)専門的知識に基づき,理路整然とした文章でマスゴミの無知・非道・自家撞着ぶりを指摘する。マスゴミが恐れているのは2チャンネルのようなトイレの落書きでないのは明らか。やつらは,医師であることがほぼ確実な有名どころのブロガー達を警戒している。煙たい邪魔な存在。今風に言えばウザイ。で,(ここと違って)汚い言葉を使わず理詰めで責めてくるブロガーの発言を抑えたい。抑えられないまでも,情弱な一般市民に「医師がネット上で発言する内容は信用できない」と刷り込みたい。ちがうか?

医学部は理系だが,「国語が不得意なので理系の医学部を選んだ」という医師は私の周りには少ない。文章を書くのが好きな人間だからこそブログを書いているのだろうが,医師ブロガーには(私と違って)筆の立つ者が多い。三流記者が「医者なんて理系だから気の利いた文章なんか書けない」と高をくくっていたら,思わぬ反撃食らってあわてているようにも見える。

| | Comments (26) | TrackBack (2)

March 06, 2010

法廷の誰に向かっての付言?

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用開始-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-
「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却

 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中に意識を失った高崎実香さん(当時32)が19病院から転送を拒否された末に脳内出血で死亡したことをめぐり、夫の晋輔さん(27)=奈良県五條市=ら遺族が町と当時の担当医師(62)に慰謝料など約8800万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁の大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は1日、遺族の「診断を誤り、すぐに処置しなかったのが原因」とする訴えを棄却する判決を言い渡した。

 ただ判決は、付言で「もっと早く搬送されれば助かったのではという気持ちは十二分に理解できる」と指摘。そのうえで、日本の救急医療について患者が何時間も待たされる事態があることを挙げ、「救急医療とは名ばかり。命を守ることは国や地方公共団体に課された最も基本的な義務だ」と述べ、救急体制整備に異例の言及をした。

-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-引用終了-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-


被告側がビタ一文払わなくていいという判決で担当医師は少しは救われるか?
とんでもない。当時のマスコミからのバッシング,裁判に費やされる時間・労力,すり減る神経などなど。
失ったものは大きく,リカバリーは不可能。

一回きりの人生,しかも子供の頃から遊びはほどほどで一生懸命勉強して医学部に進み,医師になってからもヤブ医者にはなるまいと努力し,大事にしてきた人生。その人生において大きな損失を被りたくなければどうすれば良いか。変な女にちょっかい出さない,怪しげな新興宗教に染まらない,もうけ話に手を出さない,酒を飲み過ぎない・・・。いろいろあるけど,やはり「通常業務において,結果が悪ければこちらに落ち度が無くても訴えられるような診療科は避ける」のが一番。

この判決が出た日の『コードブルー ドクターへり』では若い救急医が「患者相手にするの怖いよ」と嘆くシーンがあり,「若いとはいえ,今頃気付くなよ」とテレビに突っ込んでしまった。しかしかえってリアルだ。そういうタイプの人が行くところだから。 

しかし,法廷で「救急医療とは名ばかり。命を守ることは国や地方公共団体に課された最も基本的な義務だ」なんて言って,政治家や官僚に声が届くのか?

| | Comments (1031) | TrackBack (3)

«正当な労働対価の支給が遅れて,嬉しい?